持分会社とは

会社法では、大きく分けて、会社を株式会社と持分会社に分類しています。

このうち持分会社とは、合名会社、合資会社、合同会社の3つの総称です。

株式会社の出資者(株主)が有する権利を株式というのに対し、持分会社では出資者(社員)の地位を持分といいます。

これら3種類の形態には、組織がシンプルで社員(出資者)が直接経営にあたり、定款変更等の重要な事項については、全社員の同意を必要とするという共通の特徴があります。

それとは逆に大きな相違点としては、それぞれの社員に対する責任の重さが大きく異なる(無限責任社員のみで構成・有限責任社員のみで構成・無限責任社員と有限責任社員の混在)点があげられます。

合名会社 無限責任社員のみで構成される持分会社
合資会社 無限責任社員と有限責任社員から構成される持分会社
合同会社 有限責任社員のみからなる持分会社

無限責任社員とは、会社の債務について直接連帯無限責任を負う社員のことであり、有限責任社員とは、会社の債務について出資価額を限度として直接(間接)有限責任を負う社員のことをいいます。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ