合同会社の社員

社員について

合同会社は株式会社とは違い、出資者の呼び方は「社員」と呼びます。

社員といっても「従業員」のことではなく、合同会社に出資した人の事を指す法律用語です

株式会社の場合、出資者であり会社の持ち主でもある「株主」と株主の委任を受けて会社を経営する「役員」とが原則として分離していますが、合同会社の場合「株主」と「役員」をあわせて「社員」とよびます。つまり、所有と経営が一致しているということです。

社員の入社

合同会社の社員を加入させることで、社員を増やすことが可能です。 合同会社の社員の入社及び持分の譲渡の承認については、原則として、社員全員の一致が必要です。(定款で別の定めをしていればそれに従います)

社員の責任の範囲

合同会社の社員は、全て出資の範囲内でしか責任を負わない有限責任です。 原則として、会社の債務に対して、出資額しか責任を負いません。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ