合同会社の代表社員

合同会社では業務執行する社員の事を「業務執行社員」と呼びます。原則としては業務執行社員全員がそれぞれ会社を代表する「代表権」を持ちます。

従って業務執行社員が2名以上いる場合、それぞれ各自が合同会社を代表することとなります。

このような場合、定款もしくは定款に基づく社員の互選により、業務執行社員の中から合同会社を代表する社員を定めることが出来ます。これにより定められた代表権を持つ社員を「代表社員」と呼びます。

株式会社で考えた場合の、取締役が複数名いてその中から代表取締役を定めるのと同じことです。

業務執行社員が2名以上いる場合でその全員が代表権を持つとなると、ビジネス上で取引先が混乱する場合も考えられます。

そのようなケースを防ぐ意味でも、株式会社のように代表を1人に決めてくおくことをお勧めします。

この合同会社の代表者、法律上は「代表社員」という肩書きです。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ