合同会社設立の流れ

1.合同会社の概要の決定

会社名、事業目的、資本金、社員、事業年度、本店所在地、業務執行社員などの会社の基本事項を決定します。

2.事業目的の適格性の確認

会社の事業目的が適正なものになっているかどうかを法務局で確認します。

3.会社代表印の発注

商号(会社名)が確定したら会社の実印となる印鑑を発注します。

4.定款及び設立書類の作成

最初に決定した会社概要を元に、定款及び設立書類を作成します。

5.資本金の払込

出資者(社員)のうち一人を代表者にして、その方の個人口座に各出資者(社員)が自分の出資額を振り込みます。

  • 振込み又は入金の日付は定款作成日以降であること
  • 社員が出資した金額ごとに分けて振込み又は入金すること
  • ちょうどの金額を振込み又は入金すること

6.法務局へ登記申請(会社設立日)

作成した書類・収入印紙6万円(登録免許税)・個人実印・会社代表印を持って法務局にて登記の申請を行います。この日が会社の設立日になります。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ