電子定款とは

定款とは

定款とは、会社名、業務内容、本店所在地、役員、決算期、資本金額などの会社の基本事項と会社の運営のルールを定めた『会社の憲法』ともいわれるもので、会社を設立するためには必ず作成しなければならない書類のことです。この会社設立時に作成された定款は原始定款といいます。

株式会社を設立する時は公証人の認証を受けなければその効力が生じませんが、合同会社の設立では公証人の認証は不要となっております。

電子定款で4万円安くなる!

これまで定款は紙ベースで作成されたものだけが認められておりましたが、法改正により電子文書での定款が可能になりました。

この電子文書での定款を電子定款といい、WORD等で作成した定款文書をPDF形式に変換し、電子証明書で電子署名をするものです。これをCD-R等に保存して法務局に提出します。

電子定款では紙ベースの定款で必要な印紙税(4万円)が不要となりますので、会社を設立する時は必ず電子定款にしましょう。

電子定款を利用した時の合同会社の設立費用の違いは下記のようになります。

紙の定款 電子定款
収入印紙代 4万円 ここが0円になる
(電子定款のため)
登録免許税 6万円 6万円
合計 10万円 6万円

以上のように電子定款を利用すると上記収入印紙代の4万円が不要になり合同会社設立に必要な費用を大幅に節約できます。

電子定款の作成は専門家を利用しよう

電子定款の作成を専門家へ依頼すると当然専門家への手数料は必要になりますが、弊社の場合でしたら、電子定款作成手数料は5,000円ですので差し引きするとご自身で手続きするより35,000円も安くなります。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ