合同会社設立に必要な書類・費用

合同会社設立に必要な書類

  • 代表社員になる方の個人の印鑑証明書
  • 資本金を振り込んだ通帳コピー
  • 定款(電子定款にすると印紙代4万円が不要になります)
  • 就任承諾書
  • 本店所在地、代表社員及び資本金決定書
  • 払込証明書
  • 登記申請書
  • OCR用紙
  • 印鑑届出書
  • 資本金の額の計上に関する証明書(現物出資をする場合)
  • 財産引継書(現物出資をする場合)

上記はあくまでも一般的な設立のケースです。法人が社員になる場合等は追加の書類が必要になりますのでご注意ください。

合同会社設立に必要な費用

合同会社設立に必要な法定実費
収入印紙代 40,000円
登録免許税 60,000円
その他 印鑑作成費用など

上記はご自身で手続きされても必要となる費用です。

電子定款を利用すると、収入印紙代の40,000円を節約でき、実質、登録免許税の60,000円と印鑑代で合同会社設立が可能です。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ