合同会社のメリット

設立手続きが簡単で費用が安い

公証役場での定款認証が不要なので、認証手数料5万円が不要になり、法務局での設立登記の登録免許税が6万円と安いです(株式会社の場合は15万円)

スピィーディーな意思決定

合同会社の内部組織は定款で自由に決めることができます。

また、合同会社は、社員1名でも設立することができ、社員は「出資者」と「役員」の両方の地位を兼ね備えているため、意思決定が速くなります。

社員が有限責任

合同会社では社員の責任の範囲が「無限」ではなく、出資の範囲内で責任を負うという「有限」となっています。そのため、仮に事業破たんした場合でも、一定のリスクを回避することができます。

利益配分が自由

株式会社と違い、利益や権限の配分割合を出資額と関係なく自由に設定することができます。

役員の任期が無制限

株式会社では、取締役の任期は原則2年間です。そのたびに役員変更の手続をする必要があり、面倒な上にお金がかかります。しかし、合同会社では任期が定められていないので、手続も不要ですし、お金もかかりません。

株式会社への組織変更が可能

会社の規模が大きくなってきた場合や事業内容に変化があった場合など、合同会社よりも株式会社の方が会社経営がやりやすくなるケースも考えられます。その場合には、合同会社から株式会社へ組織変更が可能です。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ