合同会社とは

合同会社とは、平成18年5月1日施行の会社法によって誕生した新しい会社組織です。

旧商法の時は、株式会社・合名会社・合資会社・有限会社の4種類の会社組織があったのですが、新会社法では、有限会社が新しく設立できないようになり、株式会社・合名会社・合資会社および新設の合同会社の4種類に変更されました。

社員1名から設立が可能・全員が有限責任・設立費用が安いという点から、有限会社に変わる法人形態として、会社法改正より年間平均5,000社~6,000社が新たに設立され、現在最も注目されている会社形態です。

さらに法人も社員になれるところから、企業間での共同事業・大学と企業の共同研究の場・プロジェクト事業・ベンチャー事業などに際しても数多く設立され、今後、ますます設立件数は増加する見通しです。

アメリカのLLC(Limited Liability Company)をモデルとして導入されたもので、日本版LLCともいわれています。

また、合同会社から株式会社への組織変更も可能となってます。

これにより、最初は設立費用が安価な合同会社でスタートし、事業が軌道にのり将来事業を拡大したいといったときには株式会社に変更するという方法も可能になっております。

お問合せはお気軽に


合同会社設立手続き一式をご希望の方へ

合同会社の設立には電子定款以外にも多数の書類を法務局に提出する必要があります。電子定款のみではなく、合同会社設立の全ての書類の作成をご希望の方は、合同会社設立ドットコムをご覧ください。こちらのサイトも全国対応・格安です。合同会社設立の流れや基礎知識等コンテンツも豊富でございます。

このページの先頭へ